Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > モミジチャルメルソウ

モミジチャルメルソウ (紅葉哨吶草)
Mitella acerina
 東海地方以西ではチャルメルソウの種分化がいちじるしく、地域によって異なる種類がそれぞれ分布しています。京都府と滋賀・福井両県あたりの日本海側には、その一つ、モミジチャルメルソウが分布します。花茎はコチャルメルソウよりもずっと長く、30cm前後になります。この仲間では唯一の雌雄異株で、雄花は胚珠が不稔なのに対し、雌花ではぎゃくに葯が不稔で、花粉のつく柱頭が大きく発達しています。写真はうす暗い沢に群生していたもので、びっしりと密についた花を咲かせていました。
■撮影地別
 ○滋賀県高島市
 ○滋賀県武奈ヶ岳

■クローズアップ

■群落
2015.4.26 滋賀県高島市
         2002.5.25 滋賀県武奈ヶ岳
Before Plant   Next Plant