Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > コシノチャルメルソウ

コシノチャルメルソウ (越の哨吶草)
Mitella koshiensis
 コシノチャルメルソウは、新潟県と富山県に特産するチャルメルソウで、それぞれ旧国名で越後・越中と呼ばれることからわかるとおり、名前は和名・学名の種小名とも、この地域に分布することからついたものです。花弁が5〜9裂することや花弁が外側に開くことなど、全体にオオチャルメルソウに似ていますが、葉はオオチャルメルソウよりも幅広で、切れこみも小さい傾向があります。スミレ類が満開となった新潟県の低山では、沢すじの湿った岩壁にびっしりとコシノチャルメルソウが咲いていました。
■撮影地別
 ○新潟県五泉市


クローズアップ

■群落
2007.5.3 新潟県五泉市
        2007.5.3 新潟県五泉市 
Before Plant   Next Plant