Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ウメバチソウ

ウメバチソウ (梅鉢草)
Pamassia paulustris
 ユキノシタ科は地味な小さな花をつけるものが多いのですが、例外的に大きな花を咲かせるのがウメバチソウの仲間です。湿ったところに生え、花茎の先端に白い花を一つつけます。中でももっとも大きな花をつけるのがウメバチソウです。名前は花のかたちが菅原道真などの家紋「梅鉢紋」に似ていることからついたもので、花弁、仮雄しべなど均整のとれたつくりは自然のデザイン美とさえいえます。8月中旬、八方尾根ではウメバチソウがスキー場上部の草地に群生していました。
■撮影地別
 ○長野県八方尾根


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2003.8.16 長野県八方尾根