Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ミヤマシキミ

ミヤマシキミ (深山樒)
Skimmia japonica var. intermedia
 この日、箱根外輪山の山麓を散策したのは、まだ見たことのない植物を求めてのことでしたが、沢ぞいの岩場や落葉樹の斜面をかなり歩き回ったものの、残念ながら、見つけることはできませんでした。そのかわり、沢ぞいではイワボタンが咲きはじめ、ヒナスミレも満開になっているのを見つけることができ、ミヤマシキミが蕾をふくらませているのにも出会いました。高さ5mほどになる雌雄異株の低木で、本州の関東以西に分布し、光沢のある常緑の葉は、まだ枯葉色の林床ではよく目立ちます。
■撮影地別
 ○神奈川県南足柄市
 ○神奈川県金時山(果実期)

■クローズアップ

■群落
2007.3.25 神奈川県南足柄市
          2015.9.22 神奈川県金時山
Before Plant   Next Plant