Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヒナスミレ

ヒナスミレ (雛菫) Viola tokubuchiana var. takedana
 ヒナスミレは代表的な低山のスミレで、北海道の南西部から九州中部にかけて分布し、ややうす暗い樹林下に生えます。スミレの中でも花期は早いほうで、高尾山では4月上〜中旬に満開となります。高さは5cmほどとあまり高くならず、また、花は小さく淡桃色で、「雛」という名前がまさにぴったりのスミレです。生育環境の好みが細かいのでしょうか、葉はよく見かけるのですが、花のころだというのに咲いていないものも多く、写真のようにたくさんの花をつけた個体を見るとうれしくなります。 ■撮影地別
 ○東京都高尾山


クローズアップ

■群落
      1992.4.7 東京都高尾山
 
        2007.3.31 東京都高尾山   
Before Plant   Next Plant