Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ミヤマニガイチゴ

ミヤマニガイチゴ (深山苦苺) Rubus koehneanus
 その雑木的な増えかたが幸いしているのでしょうか、キイチゴは海岸近くから高山まで幅広い環境に適応して生育しているグループといえます。名前のとおり、奥深い山に多いのがミヤマニガイチゴで、写真は戸隠山の登りはじめで撮影したものですし、尾瀬の樹林下の登山道でもよく目にします。さらに上まで登ると針葉樹林下ではヒメゴヨウイチゴ、高茎草原ではベニバナイチゴが現れます。ミヤマニガイチゴの花弁はほっそりとしていて、そのふちは波うっていることが多く、すぐにそれとわかります。 ■撮影地別
 ○長野県戸隠山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant      2007.6.23 長野県戸隠山