Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ミヤマダイコンソウ

ミヤマダイコンソウ (深山大根草)
Geum calthaefolium
 ミヤマダイコンソウは高山の岩場や砂礫地に生え、長い花茎をのばして黄色い花をつけます。花茎をつぎつぎに出すので花期は長く、7月から8月まで咲きつづけます。バラ科の高山植物としてはめずらしく大型で、高さ30cmほどになります。ダイコンソウの仲間で、葉はダイコンに似た羽状複葉ですが、ミヤマダイコンソウの場合は先端にある頂小葉が極端に大きいため、一見するとそのようには見えません。北海道と本州、四国の石鎚山に分布し、八方尾根−唐松岳間の岩場でも数多く見られます。
■撮影地別
 ○長野県唐松岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1997.7.19 長野県唐松岳