Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > マルバシモツケ

マルバシモツケ (丸葉下野)
Spiraea betulifolia
 マルバシモツケを初めて見たのは、大雪山だったでしょうか。見なれていたイワシモツケよりも全体に大きく、とくにボール状になった花序から長い雄しべが飛びだすようすが印象的でした。早池峰山では、御田植場と呼ばれる稜線にある岩場で満開となっていましたが、花の種類・量とも多いこの山では、気にとめる人もほとんどいないようでした。北海道から関東北部にかけてと白山に分布し、日当たりのよい岩礫地を好みます。高さは1mほどですが、さかんに分枝して横に広がります。
■撮影地別
 ○岩手県早池峰山



クローズアップ

■群落
2006.8.6 岩手県早池峰山
          2006.8.6 岩手県早池峰山
Before Plant   Next Plant