Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > クサネム

クサネム (草合歓)
Aeschynomene indica
 ハマギクコハマギクの撮影を終えたあとに歩いた、海岸にほど近い田んぼでは、ちょうど収穫作業の真っ最中でした。じゃましないようにと足を向けた休耕田では、1cmほどのクリーム色の花をつけたクサネムが群生していました。細長い小葉がたくさんならんだ葉が特徴的で、昼は葉を広げ、夜は閉じる「睡眠運動」をすることで知られています。植物なのに自分で動くのは、葉が明るさに反応して、葉柄基部の葉枕にある細胞の膨圧が変化する、つまり水分が移動することによるといいます。
■撮影地別
 ○茨城県高萩市


クローズアップ

■群落
2015.10.18 茨城県高萩市
          2015.10.18 茨城県高萩市
Before Plant   Next Plant