Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > コハマギク

コハマギク (小浜菊)
Chrysanthemum yezoense
 茨城県北部までハマギクとコハマギクの取材に出かけました。コハマギクは北海道から茨城県にかけての太平洋側に分布し、このあたりはその最南端に当たります。鹿島灘ぞいは砂浜が多く、コハマギクが生えるような岩場はごくわずかです。自生地で実物を見てみると、草丈こそ低いものの、花はその名前や図鑑で受けていた印象よりも大きく、直径5cmほどあってマーガレットを思わせます。地表近くにかたまってつく葉は厚くてやや多肉質で、海岸という環境に適応したものかも知れません。
■撮影地別
 ○茨城県高萩市


クローズアップ

■群落
1996.10.27 茨城県高萩市
          2015.10.18 茨城県北茨城市
Before Plant   Next Plant