Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > キンバイソウ

キンバイソウ (金梅草)
Trollius hondoensis
 日本に分布するキンバイソウ属のなかで、もっとも低いところ、高原の草地に生えるのがキンバイソウです。シナノキンバイにくらべると、大きなものでは草丈1mほどと高くなり、すらっとのびた印象があります。花の直径は3〜4cmとシナノキンバイよりひとまわり小ぶりで、一見すると雄しべのように見える細長い花弁が上向きに5個、あるいは6〜7個もついてよくめだちます。分布は意外とせまくて中部地方に限られ、飛んで伊吹山が西端の分布地として知られています。
■撮影地別
 ○山梨県乙女高原


クローズアップ

群落
2010.7.25 山梨県乙女高原
      2010.7.25 山梨県乙女高原 2010.7.25 山梨県乙女高原
Before Plant   Next Plant 表紙によせて「キンバイソウ」