Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > イワフネタチツボスミレ

イワフネタチツボスミレ (岩船立坪菫)
Viola kusanoana × V. rostrata
 日本海側ではタチツボスミレの仲間の種類数が多いだけあって、雑種がいくつも報告されています。その一つ、イワフネタチツボスミレは、オオタチツボスミレナガハシスミレの種間雑種で、新潟県北部の岩船地方で最初に見つかったことからこの名前があります。花弁はナガハシスミレよりも大きく、オオタチツボスミレに似ていますが、距は長く、先端は上に向いてナガハシスミレそっくりです。写真の株はナガハシスミレよりも大型ですが、葉はナガハシスミレに似ていて、両種の中間的な形態です。
■撮影地別
 ○石川県金沢市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2001.4.14 石川県金沢市