Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ナガバノタチツボスミレ

ナガバノタチツボスミレ (長葉の立坪菫)
Viola ovato-oblonga
 春に西日本の低山に出かける機会がなかったわたしにとって、静岡県以西に分布するナガバノタチツボスミレは、長く課題として残っていたスミレでした。このときまでは、愛知県でそれらしきものを1度見ただけでしたが、下山中に目にとまったスミレは、葉がやや長めで、葉脈にそって紫がかっていて、すぐにそれとわかりました。タチツボスミレよりも花弁の色は濃く、白い中心部とのコントラストがはっきりしていますが、ニオイタチツボスミレほどではなく、唇弁も細かな網目状にはなりません。
■撮影地別
 ○福岡県甘木市
 ○大阪府金剛山(淡桃色花)

クローズアップ

■群落
2006.3.26 福岡県甘木市
          2006.3.26 福岡県甘木市 2007.4.21 大阪府金剛山
Before Plant   Next Plant