Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > イブキノエンドウ

イブキノエンドウ (伊吹の豌豆)
Vicia sepium
 イブキノエンドウはヨーロッパ原産の帰化植物で、北海道と伊吹山から報告があります。北海道のものは牧草として導入されたもののようですが、伊吹山では古くからその存在が知られ、キバナノレンリソウと同じく、織田信長のころに南蛮(ポルトガル)から薬草に混じって持ちこまれ、生育環境があっていたのでしょうか、絶えることもなく今日まで残ったともいいます。混生することも多いキバナノレンリソウにくらべるとずっと地味なものの、花は同属のカラスノエンドウよりも大きく、1.5cmほどあります。
■撮影地別
 ○滋賀県伊吹山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2005.6.25 滋賀県伊吹山