Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > イタチササゲ

イタチササゲ (鼬大角豆)
Lathyrus davidii
 イタチササゲは高さ1mほどになり、日本のレンリソウ属としては大型の部類です。黄色はマメ科ではポピュラーな花色の1つで、小豆や落花生のように、農作物にも黄色い花をつけるものがありますが、イタチササゲの明るいレモンイエローの花は、長さ1.5cmほどと大きく、その数も多いこともあって、真夏の山地ではよく目をひきます。名前の由来について、イタチの毛の色からとったにしては明るすぎるなあと思って調べてみると、しおれて黄褐色になった花の色をイタチの毛に例えたものだそうです。
■撮影地別
 ○長野県富士見町


クローズアップ

■群落
2006.8.12 長野県富士見町
         2006.8.12 長野県富士見町
Before Plant   Next Plant