Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > フイリナガバノスミレサイシン

フイリナガバノスミレサイシン
(斑入り長葉の菫細辛)
Viola bissetii var. kiusiana
 このときはこの地域ならではの春の花を求めて阿蘇の外輪山をめぐりました。うす暗いスギ林下では、アソヒカゲスミレのほか、やや遅めながらもフイリナガバノスミレサイシンも見つかりました。葉の葉脈にそって斑が入るタイプのナガバノスミレサイシンですが、高尾山あたりのものにくらべ、葉は短めで、花色は白ばかりでサイズも小さく、外見的には少し異なるグループのように思えました。このようなタイプは四国と九州に知られ、遺伝的にも孤立しているのかもしれません。
■撮影地別
 ○熊本県阿蘇
 

クローズアップ

■群落
2016.4.10 熊本県阿蘇
          2016.4.10 熊本県阿蘇 2016.4.10 熊本県阿蘇
Before Plant   Next Plant