Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > シロバナナガバノスミレサイシン

シロバナナガバノスミレサイシン
(白花長葉の菫細辛)
Viola bissetii f. albiflora
 高尾山の北側にある小仏川沿いのエリアは、春になるとさまざまなスミレを観察することができるところです。ナガバノスミレサイシンの花は普通は淡紫色ですが、このときは白い花を咲かせるシロバナナガバノスミレサイシンも見つかりました。おもしろいことに2つのタイプがあり、写真でもわかるように、唇弁の紫色のすじもなくなった真っ白のものと、紫色のすじだけ残っているものです。ただ、どちらも葉には紫色が残っていて、色素の発現に関する遺伝子が完全に欠損しているものではないようです。
■撮影地別
 ○東京都高尾山
 

クローズアップ

■群落
2007.3.31 東京都高尾山
          2014.4.16 東京都高尾山 2007.3.31 東京都高尾山
Before Plant   Next Plant