Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > フギレキスミレ

フギレキスミレ (斑切黄菫)
Viola brevistipulata ssp. hidakana
var. incisa
 北海道はオオバキスミレの仲間の分化がいちじるしい地域で、夕張岳だけをとっても固有種のシソバキスミレをはじめ、4種類ほどが知られています。フギレキスミレはケエゾキスミレとは別変種の関係にあり、鋸歯は小さいものと大きいものが交互にならんで、葉が不規則に切れこむ特徴があります。葉のふちには毛が生えていて、ケエゾキスミレに近縁であることがわかります。日高山脈や夕張山地に分布するオオバキスミレについてみると、葉のふちに毛が生えるグループの種類が多いようです。
■撮影地別
 ○北海道夕張岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2006.7.8 北海道夕張岳