Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヒカゲスミレ

ヒカゲスミレ (日陰菫)
Viola yezoensis
 ヒカゲスミレは名前のとおり、樹林下のうす暗いところに生えるスミレです。高尾山では3号路や日陰沢コースなど、湿りけのあるスギ林の林床で見かけることが多く、地下茎で栄養繁殖するため、たいていは小群落となっています。花つきはあまりよくなく、葉は一面にひろがっているのに花はちらほら、といったこともあります。ヒナスミレもそうですが、日当たりのよくない生育環境と関係があるのかもしれません。花の色は白く、唇弁には紅紫色のすじが網の目のように細かくひろがっているのが特徴です。
■撮影地別
 ○東京都高尾山


クローズアップ

■群落
1995.4.22 東京都高尾山
           2007.3.31 東京都高尾山
Before Plant   Next Plant