Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヒナワチガイソウ

ヒナワチガイソウ (雛輪違草)
Peudostellaria heterantha var. linearifolia
 ヒナワチガイソウはワチガイソウの変種で、本州の数ヶ所からわずかに知られています。母種より全体に弱々しく、むしろヒゲネワチガイソウに似た細長い葉が特徴です。花弁もワチガイソウよりも細く、赤い雄しべが目立ちます。写真でもわかるように、花が茎の先端でなく、葉のつけねにつくのはこの仲間に共通する性質です。前月に出かけた別の場所では、残念ながら見あたりませんでしたが、筑波山では、やや遅めだったものの、ワチガイソウとともに咲いているヒナワチガイソウを見つかりました。
■撮影地別
 ○茨城県筑波山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2006.5.2 茨城県筑波山