Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ハルトラノオ

ハルトラノオ (春虎の尾)
Bistorta tenuicaulis var. tenuicaulis
 ハルトラノオは名前のとおり、春に咲くタデ属の多年草です。高さ15〜25cmしかないので、イブキトラノオにくらべると、ずいぶんかわいらしい「虎の尾」です。同じころに咲くクリンユキフデは、小型のものや咲きはじめはハルトラノオに似た印象がありますが、葉のつけねが茎を抱くようにつくクリンユキフデに対し、ハルトラノオには葉柄があるので区別は容易です。落葉樹林下のやや湿ったところを好むらしく、くじゅうの山麓ではユキワリイチゲとともに、筑波山ではニリンソウとともに群生していました。
■撮影地別
 ○茨城県筑波山
 ○大分県庄内町

クローズアップ

群落
2006.5.2 茨城県筑波山
          2006.5.2 茨城県筑波山 2006.3.26 大分県庄内町
Before Plant   Next Plant