Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ニリンソウ

ニリンソウ (二輪草)
Anemone flaccida
 丘陵地や低山から高原まで、春の山を歩くと沢ぞいなどの湿りけのあるところで必ずと言っていいほど見かけるのがニリンソウです。春先に濃緑色の葉を広げ、その上に白い花をつけます。「二輪草」と名はありますが、実際には1つだけ花をつけるものから、3つくらいまであって数はさまざまです。小金井公園の雑木林は、どちらかといえば乾燥ぎみのところなのですが、地下水位が高いのでしょうか、なぜかニリンソウの群生地があって、4月になるとあたりは白い花でいろどられます。
■撮影地別
 ○長野県戸隠村
 ○東京都高尾山
 ○東京都小金井市

クローズアップ

群落
1997.5.17 長野県戸隠村
Before Plant   Next Plant 1994.4.10 東京都小金井市
“特選”Photo Gallery「ニリンソウ」
          2006.3.21 東京都高尾山