Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ハナネコノメ

ハナネコノメ (花猫の目)
Chrysosplenium album var. stamineum
 ハナネコノメはシロバナネコノメソウの変種に当たり、母種とは近畿地方を境に住みわけています。赤い葯が白い萼裂片より長く飛びでることや、萼裂片が丸っこくて先がとがらないことがハナネコノメの特徴となっています。高尾山では3月になると、ハナネコノメをはじめ、その属名から俗に「クリソ」と呼ばれるネコノメソウの仲間が数多く咲きます。春分の日に高尾山を訪ねると、日当たりのよい山の南側ではハナネコノメは満開となっていましたが、北側ではようやく咲きだしたところでした。
■撮影地別
 ○東京都高尾山


クローズアップ

群落
2006.3.21 東京都高尾山
        2006.3.21 東京都高尾山 2006.3.21 東京都高尾山
Before Plant   Next Plant 表紙によせて「ハナネコノメ」
“特選”Photo Gallery「ハナネコノメ」