Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ハマゼリ

ハマゼリ (浜芹)
Cnidium japonicum
 海岸に生えるセリ科の植物でも、ハマゼリの場合はハマウドボタンボウフウのように高くならず、岩場のわずかな砂があるところではりつくように生えています。高波が来ると、海水にかぶってしまうような場所です。花期は長く、7月から9月ごろまで咲きつづけます。現地で植物調査していた方の話によると、その前の週の台風の接近により天神島にも高波がおしよせ、かなりの植物が被害を受けたそうですが、ハマゼリには影響なかったらしく、しおれることもなく花をつけていました。
■撮影地別
 ○神奈川県横須賀市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.9.5 神奈川県横須賀市