Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ハクバブシ

ハクバブシ (白馬附子)
Aconitum zigzag ssp. kishidae
 8月下旬、日光を訪ねた次の日に上越国境にある三国山に登りました。ここは三国峠のトンネルまで車で入ることができるため、比較的楽に登ることのできる山です。この山で見られるトリカブトはハクバブシで、上越国境から志賀高原にかけて分布するタカネトリカブトの亜種です。昔の三国街道である登山道の林縁でみかけたハクバブシは高さは2mちかくになり、弓なりに垂れ下がっていましたが、山頂近くの草地に群生するものは高さその半分ほど、直立して高山植物らしい形態となっていました。
■撮影地別
 ○群馬県三国山


クローズアップ

群落
2003.8.24 群馬県三国山
            2003.8.24 群馬県三国山 2003.8.24 群馬県三国山
Before Plant   Next Plant