Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > タカネトリカブト

タカネトリカブト (高嶺鳥兜)
Aconitum zigzag
 中央アルプスの木曽駒ヶ岳は、ロープウェイを利用して気軽に登山できる高山の一つで、登山道も緩やかで高山植物の観察には好適なところです。タカネトリカブトはこの木曽駒ヶ岳をはじめ、中央アルプスに特産する高山性のトリカブトです。茎が葉のつくところで稲妻形に折れ曲がるのが特徴で、種小名もこれを意味する「ジグザグ」となっています。木曽駒ヶ岳では、山頂の北側にある馬の背から鵜飼の池を経由して千畳敷に戻る登山道沿いや、千畳敷の散策路などで普通に見ることができます。
■撮影地別
 ○長野県木曽駒ヶ岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1999.8.8 長野県木曽駒ヶ岳