Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > エゾキンポウゲ

エゾキンポウゲ (蝦夷金鳳花)
Ranunculus franchetii
 雨があがったばかりの落葉樹林下の散策路を進んでいくと、落ち葉が積みかさなった湿りけのある林床に黄色い花が群生しているのが目に入りました。初めて見るエゾキンポウゲとわかりましたが、残念ながら花は終わりかけで、なんとか写真を撮れるものがあったといったところでした。花のようすこそよく似ていますが、キンポウゲに比べるとずっと小さく高さは20〜30cmほど、葉は深く3つに裂け、さらに細かい切れこみが入ります。北海道からロシア沿海州、中国東北部に分布する北方の植物です。
■撮影地別
 ○北海道標津町


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.7.10 北海道標津町