Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヤツガタケキンポウゲ

ヤツガタケキンポウゲ (八ヶ岳金鳳花)
Ranunculus yatsugatakensis
 ヤツガタケキンポウゲは、八ヶ岳だけから知られているキンポウゲです。この山でもなかなか目にすることはむずかしく、沢ぞいの岩場など特殊な環境に遺存的に生えているようです。キタダケキンポウゲと近縁とされ、同一種内とする考えもある両種ですが、実物を見た印象では、ヤツガタケキンポウゲの方が背が高くてひょろっとしており、これに対してキタダケキンポウゲは小型で相対的に花が大きく、花弁が内向きに巻いて受け咲きとなる傾向があるなど、形態的にはかなりちがいがあると感じました。
■撮影地別
 ○長野県八ヶ岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2006.8.1 長野県八ヶ岳