Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > キンポウゲ

キンポウゲ (金鳳花)
Ranunculus acris
 キンポウゲ科を代表するキンポウゲは、この科でもっとも普通に見ることのできる植物の一つです。田のあぜなどのやや湿ったところに生え、5月ごろに黄色の花を咲かせます。「金鳳花」の名前はもともとキンポウゲの八重のものについたものですが、光沢のある花弁は春の日ざしを浴びると、キラキラとかがやいて普通の花でも金色を連想させます。別名を「ウマノアシガタ」といい、根生葉が馬の足形に似ていることによるそうですが、葉は細かく切れこんでいて、馬のひづめとは似ても似つきません。
■撮影地別
 ○長野県松本市
 ○東京都府中市

クローズアップ

■群落
2003.6.8 長野県松本市
        1993.5.1 東京都府中市 
Before Plant   Next Plant