Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > チチブシロカネソウ

チチブシロカネソウ (秩父白銀草)
Enemion raddeanum
 チチブシロカネソウはシロカネソウ属に似ていますが、袋果どうしがつけねでくっつかない、花弁がないなどの特徴があり、チチブシロカネソウ属に分けられています。高さは30cm以上にもなり、多いものは5つぐらいの花がつくなど、全体に派手なようすです。東北〜中部地方に分布するものの、石灰岩地や蛇紋岩地などでまれに見られるに過ぎません。めずらしい植物は1つの場所にいろいろな種類が生えることが多く、このときは、タデスミレの近くで花後のものを見て以来、久しぶりの出会いとなりました。
■撮影地別
 ○群馬県多野山地


クローズアップ

群落
2010.5.9 群馬県多野山地
       2010.5.9 群馬県多野山地 2010.5.9 群馬県多野山地
Before Plant   Next Plant