Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > セツブンソウ

セツブンソウ (節分草)
Eranthis pinnatifida
 初めてセツブンソウを見たのは、植物好きの先輩につれられて訪ねた秩父の自生地でした。ここは一般にはほとんど知られていない場所で、数こそ多くありませんが、人知れず花をつける姿に感動したものです。写真は両神村の有名な群生地で撮影したもので、毎年、3月のはじめに満開となって多くの人が訪れます。ここは保護柵で囲まれていて撮影には望遠レンズが欠かせません。セツブンソウは関東〜中部地方に分布し、石灰岩の産地として知られる秩父をはじめ、石灰岩地を好む傾向があります。
■撮影地別
 ○埼玉県両神村
 ○愛知県新城市

クローズアップ

群落
1999.3.7 埼玉県両神村
        2010.2.14 愛知県新城市    2010.2.14 愛知県新城市
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「セツブンソウ」