Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ユウバリアズマギク

ユウバリアズマギク (夕張東菊)
Erigeron thunbergii ssp. glabratus
f. haruoi
 高山植物の多さで知られる夕張岳ですが、2時間ほどのきつい登りが終われば、望岳台あたりから平坦になり、気持ちのよい植物観察ができます。蛇紋岩が露出したところでは、このような環境に生える固有種が知られています。北海道〜本州中部の高山に分布するミヤマアズマギクは、超塩基性岩地を好むうえ、山域によってはさらに特殊化しているケースもあります。ユウバリアズマギクもその一つで、根生葉の幅は2〜6mmと母種より細く、アポイアズマギクに似ますが、茎に毛が多いのが特徴です。
■撮影地別
 ○北海道夕張岳


■クローズアップ

群落
2006.7.8 北海道夕張岳
Before Plant   Next Plant 2006.7.8 北海道夕張岳
“特選”Photo Gallery「ユウバリアズマギク」