Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヤナギノギク

ヤナギノギク (柳野菊)
Aster hispidus var. leptocladus
 ヤマジノギクは日当たりのよい草地などをすみかとしますが、蛇紋岩地では、ホソバヒナウスユキソウなどほかの植物と同様、葉が細くなる特徴をもつものがあり、ヤナギノギクとして変種レベルで区別されています。高知県内から最初に報告されましたが、その後、静岡・愛知県境周辺にも分布することがわかってきました。わたしが訪ねたところでは、蛇紋岩の荒地でムラサキセンブリなどとともに生えており、貧栄養のせいか、頭花は母種よりも一回り小さく、草丈も低いものが多いように感じました。
■撮影地別
 ○愛知県新城市


クローズアップ

■群落
2009.10.18 愛知県新城市
            2009.10.18 愛知県新城市
Before Plant   Next Plant