Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヤマジオウ

ヤマジオウ (山地黄)
Lamium humile
 暖地を分布域とする植物の北限が神奈川県となるケースはいくつか知られており、ヤマジオウをはじめ、ハマユウ、ハマナタマメなどの名前があがります。ヤマジオウの場合は箱根が北限で、丹沢には分布しません。低山の落葉樹林下に生え、条件がよいと栄養繁殖で林床に広がります。茎を地面に這わせ、地面にはりつくようにして葉脈のめだつ大きな葉を広げるようすは、同属のオドリコソウとはかなり印象が異なります。白く縁取られた紫色の花は直径1.5cmくらい、2つずつ葉のつけねに着きます。
■撮影地別
 ○神奈川県箱根


クローズアップ

群落
2007.8.12 神奈川県箱根
            2007.8.12 神奈川県箱根 2007.8.12 神奈川県箱根
Before Plant   Next Plant