Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > モミジバヒメオドリコソウ

モミジバヒメオドリコソウ
(紅葉葉姫踊子草)
Lamium hybridum
 モミジバヒメオドリコソウは最近になって帰化が知られるようになった植物で、1992年に横浜市内から初めて報告されました。名前と写真でわかるとおり、葉はヒメオドリコソウより大きく、切れこみがずっと深いのが特徴で、キレハヒメオドリコソウという別名もあります。このほか実物を見た印象では、花の紫色が濃く、全体に大きいと感じました。ヒメオドリコソウと同じくヨーロッパ原産で、やはりヨーロッパにも分布するホトケノザとの雑種起源という説があり、種小名も雑種を意味するものです。
■撮影地別
 ○神奈川県横浜市


クローズアップ

■群落
2007.3.24 神奈川県横浜市
            2007.3.24 神奈川県横浜市
Before Plant   Next Plant