Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オドリコソウ

オドリコソウ (踊り子草)
Lamium album var. barbatum
 オドリコソウは東京周辺の山ではそれほど多い植物ではなく、初めてこの植物をみたのは長野県にある高原の霧ヶ峰でした。その後、佐渡島の海岸べりや、金沢城公園の石垣のまわりなど、さまざまなところでみる機会があり、この植物が平地から亜高山帯まで幅広い環境に生えることがわかってきました。特に日本海側は生育条件がよいのか、しばしば大群落となって繁殖するようです。その名前の由来にもなっている傘のような形の花冠には、写真のような白いもののほか、淡紅色のものもあります。
■撮影地別
 ○石川県金沢市
 ○長野県霧ヶ峰

クローズアップ

■群落
2001.4 石川県金沢市
             1993.6.25 長野県霧ヶ峰
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「オドリコソウ」