Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヤチコタヌキモ

ヤチコタヌキモ (谷地小狸藻)
Utricularia ochroleuca
 真夏の尾瀬ヶ原は、天気がよいときはさえぎるものがないだけにかなり暑くなりますが、汗をかきつつ木道を散策してみれば、数種類のタヌキモ科の植物が咲いているのがわかります。花がミニサイズのミミカキグサホザキノミミカキグサは気づきにくいのですが、タヌキモはずっと大きい花なので目に入りやすいようです。尾瀬ヶ原では近づきにくいため同定できないままでしたが、HP「野の花賛花」によれば、尾瀬にあるのは、葉が細くて先がとがり、水中の茎にも捕中嚢がつくヤチコタヌキモだそうです。
■撮影地別
 ○群馬県尾瀬ヶ原


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1995.7.8 群馬県尾瀬ヶ原