Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ツボミオオバコ

ツボミオオバコ (蕾大葉子
Plantago virginica
 相模湾に面した茅ヶ崎海浜公園を散策していたところ、芝生に普通のものとどこか雰囲気のちがうオオバコが生えているのに気づきました。葉の表面は白い毛におおわれていて、葉全体が白っぽく見えます。このあたりはむしろエゾオオバコに似ていますが、分布域が異なることや花が開かない不稔花が混じることで、帰化植物のツボミオオバコとわかりました。北アメリカ原産の1年草で、ここに生えていたものはどれも花穂の高さは10cmほどでしたが、大きなものでは30cmになるものもあります。
■撮影地別
 ○神奈川県茅ヶ崎市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2005.6.19 神奈川県茅ヶ崎市