Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > エゾオオバコ

エゾオオバコ (蝦夷大葉子
Plantago camtschatica
 オオバコの仲間にはオオバコなど市街地に生える、いわば雑草といえるもののほか、海岸のみに分布するグループがあります。太平洋側では大型のトウオオバコが見られますが、これに対し日本海側ではエゾオオバコが分布しています。オオバコは人が行き来するところには出現するので、海岸周辺でもよく見られますが、エゾオオバコは葉の両面に毛が密生しており葉がやや白っぽく見えるのが特徴で、この点でオオバコと簡単に見分けがつきます。加佐ノ岬では先端部の草地で見ることができます。
■撮影地別
 ○石川県加賀市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2002.5.26 石川県加賀市