Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > コバノタツナミ

コバノタツナミ (小葉の立波)
Scutellaria indica var. transitra
 コバノタツナミは海岸に近いところにある、日当たりのよい崖地や土手などに生えるタツナミソウで、関東地方以西に分布し、ときおり山地でも見かけることがあります。高尾山は海からはかなり遠い内陸部にありますが、ここでは登山道ぞいのちょっとした法面で花を咲かせていました。タツナミソウの変種で高さは15cmほどとずっと小さく、ビロードタツナミの別名が示すとおり、葉の表面には短い毛が密生するのが特徴で、このあたりトウゴクシソバタツナミに似ています。
■撮影地別
 ○東京都高尾山
 ○神奈川県横須賀市

クローズアップ

群落
1992.5.12 東京都高尾山
            2010.4.29 神奈川県横須賀市
Before Plant   Next Plant 2010.4.29 神奈川県横須賀市
“特選”Photo Gallery「コバノタツナミ」