Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > タニジャコウソウ

タニジャコウソウ (谷麝香草)
Chelonopsis longipes
 タニジャコウソウはジャコウソウに似ていますが、花柄が長く、花冠と同じくらいあるのがわかりやすい特徴となっています。分布の中心はジャコウソウより西にあり、関東地方が北限で、神奈川県でもわずかに知られています。以前、三浦半島でタニジャコウソウを探してみたものの見あたらず、思いきって愛知県まで出かけることとしました。低山の林道を進むと、小さな沢をおおうように生えるタニジャコウソウが現れました。ここではどれも倒れぎみで、このあたりもジャコウソウといくぶん異なります。
■撮影地別
 ○愛知県豊橋市


クローズアップ

■群落
2010.10.10 愛知県豊橋市
2010.10.10 愛知県豊橋市
Before Plant   Next Plant