Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > アシタカジャコウソウ

アシタカジャコウソウ (愛鷹麝香草)
Chelonopsis yagiharana
 アシタカジャコウソウは独立種なのに知名度は低く、「日本の野生植物」には見当たらず、「神奈川県植物誌2001」では県内分布の可能性があると紹介されるのみです。静岡・山梨県に固有でジャコウソウより小さく、萼筒に生える毛は開出毛で、屈毛のジャコウソウとは異なります。愛鷹山の沢沿いに山奥へと分け入り、なんとかお目にかかれました。花期は6〜7月とされますが、ちょうど満開でした。花がつくのは茎頂部のみで、無花茎の先端には葉が十字対生状にならぶのも特徴のようです。
■撮影地別
 ○静岡県愛鷹山


クローズアップ

■群落
2016.9.19 静岡県愛鷹山
2016.9.19 静岡県愛鷹山 2016.9.19 静岡県愛鷹山
Before Plant   Next Plant
2016.9.19 静岡県愛鷹山