Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > タカネヨモギ

タカネヨモギ (高嶺蓬)
Artemisia sinanensis
 9月中旬の白馬岳は、登山道脇の草地では黄葉が始まり、すっかり秋の気配が濃くなっていました。大雪渓を登りつめ、右側の登山道にとりつくと、斜面にタカネヨモギが遅咲きの花をつけていました。
 タカネヨモギは、北アルプスをはじめ、本州中部や東北地方の日本海側の高山に分布するヨモギの仲間で、草丈が低く大きな花をつけるグループの中では、花が特に大きく、また、細かく裂けた葉が大きく広がることから、花の少なくなった秋の高山では目につきやすい植物の一つです。
■撮影地別
 ○長野県白馬岳
 

■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2002.9.16 長野県白馬岳