Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > タカネママコナ

タカネママコナ(高嶺飯子菜)
Melampyrum laxum var. arcuatum
 関東地方西部から長野・山梨にかけては、クリーム色の花をつけるミヤマママコナが分布することが知られており、タカネママコナという別変種として区別されています。「タカネ」、「ミヤマ」はいずれも高山植物の名前の最初によくつくことばですが、タカネママコナ、ミヤママコナとも、高山だけをすみかとするものではなく、標高千m台の山地にも生えています。生育環境は崩壊地や草地などで、光合成や土壌からだけでなく、根を通じて他の植物からも栄養を摂取する半寄生性の多年草です。
■撮影地別
 ○群馬県藤岡市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2005.9.18 群馬県藤岡市