Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > イヌノフグリ

イヌノフグリ (犬の陰嚢)
Veronica didyma var. lilacina
 三浦半島の農村地帯を車で移動中、墓地の片隅に咲くイヌノフグリを見つけました。イヌノフグリは人里周辺に生える越年草で、茎は枝分かれして地表をはってひろがり、写真のように大きな株になることもあります。直径3mmほどの小さなピンク色の花は花期が早く、早いものは1月に咲きはじめますが、写真のものはまだ咲きはじめ、開いている花はしおれ気味で、名前の由来となる果実やクローズアップを撮れたのは翌年のことでした。「神奈川県植物誌2001」によると県内では三浦半島に多いそうです。
■撮影地別
 ○神奈川県三浦市
 ○神奈川県三浦市(果実)

クローズアップ

■群落
2005.2.13 神奈川県三浦市
             2006.3.19 神奈川県三浦市 2006.3.19 神奈川県三浦市
Before Plant   Next Plant