Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ミヤマママコナ

ミヤマママコナ(深山飯子菜)
Melampyrum laxum var. nikkoense
 ミヤマママコナは北海道と本州の山地や亜高山帯に分布するママコナで、よく見かけるのは登山道沿いの樹林下や林道の法面など、地表があまり安定していない場所です。コゴメグサの仲間と同様に半寄生性の一年草で、そのせいか花の大きさのわりに葉は小さく茎もかぼそく見えます。
 この日の八方尾根では、稜線の登山道わきでササのすきまから顔を出していました。このときは残念ながら曇っていましたが、晴れ間がのぞくと強い日ざしが照りつけるところです。
■撮影地別
 ○長野県八方尾根


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2003.8.16 長野県八方尾根