Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > シロバナニシキウツギ

シロバナニシキウツギ (白花錦空木)
Weigela decora f. nivea
 ニシキウツギは咲き進むにつれて、花の色が白から紅紫に変化していくのが特徴ですが、なかには最初から紅紫のものやずっと白いままのものがあって、後者はシロバナニシキウツギと呼ばれています。6月の箱根は、「ウツギ」と名のつく花が多く咲き、ユキノシタ科のウツギマルバウツギだけでなく、スイカズラ科のニシキウツギも見られます。数が多いだけあって、双子山のふもとにある精進池のほとりでは、花がどれも真っ白なままのシロバナニシキウツギも見つかりました。
■撮影地別
 ○神奈川県箱根


クローズアップ

■群落
2016.6.12 神奈川県箱根
2016.6.12 神奈川県箱根
Before Plant   Next Plant