Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > マルバウツギ

マルバウツギ (丸葉空木)
Deutzia scabra
 スミレ類など春の野草がその花のさかりを過ぎたころ、ややおくれてさまざまな木の花が花をつけます。マルバウツギはウツギに近縁の植物で、ウツギより半月ほど早く咲きはじめます。やや湿ったところに多いウツギに対し、マルバウツギは崖などの乾燥したところに生えます。鎌倉の中心部に向かう大仏切通は、道の両側が切り立った崖になっており、5月の連休にはその斜面でマルバウツギが花を咲かせます。一つ一つの花は小さいですが、満開になると枝先は雪をかぶったように真っ白になります。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市
 ○神奈川県秦野市

クローズアップ

■群落
2003.5.5 神奈川県鎌倉市
          2003.5.18 神奈川県秦野市
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「マルバウツギ」