Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > シブカワシロギク

シブカワシロギク (渋川白菊)
Aster rugulosus var. shibukawaensis
 浜松市の渋川周辺からは、シブカワツツジなど特徴的な植物が知られています。シブカワシロギクはこの地域に特産するサワシロギクの変種で、高さは50cmほどと母種より低く、花つきがよいなどのちがいがあります。また、母種が湿地に生えるのに対し、シブカワシロギクが現れるのは蛇紋岩地の露頭や草地で、とくに湿った環境ではありません。このときは、やや遅めとはいえシブカワシロギクが多く咲いていましたが、前夜の雨でススキについた水滴で、ズボンがびっしょりぬれたのには閉口しました。
■撮影地別
 ○静岡県浜松市


クローズアップ

■群落
2009.10.18 静岡県浜松市
            2009.10.18 静岡県浜松市
Before Plant   Next Plant