Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > サワシロギク

サワシロギク (沢白菊)
Aster rugulosus
 サワシロギクは湿地など湿りけのあるところに生えるノコンギクの仲間で、この仲間としては小型で高さ30〜50cmほど、花茎をのばして白い頭花をいくつもつけます。本州から九州まで分布が知られています。花はさかりを過ぎると、舌状花がだんだん赤みがかってくる性質があり、2色咲きではないのですが、写真でもわかるとおり、赤と白の花をいっしょに見ることができます。奥三河にある長ノ山湿原では、枯草色になった湿地のかたすみで、サワシロギクが満開になっていました。
■撮影地別
 ○愛知県長ノ山湿原
 ○岐阜県中津川市

クローズアップ

■群落
2000.10.22 愛知県長ノ山湿原
           2009.9.21 岐阜県中津川市
Before Plant   Next Plant